占術について詳しく知ろう!

2017年12月21日

占い師になってまず大変なことは占術を覚えることだと思います。人によって得意な占術は違いますし、使える数も違います。少ない数の占術で勝負している方もいますし、複数の占術を覚えることによってさまざまな角度から鑑定を行う方もいます。一つ一つ丁寧に覚え、自分のものにしていくのが大切ですね。

占術は大きく4つに分けることができます。それについてここで詳しく説明します。

生まれ持った運命や宿命をみる「命(めい)」

  • 該当する占術…占星術、四柱推命、星座占い、誕生日占いなど
  • 相性や性格、運勢の波や物事の吉凶、その人の才能などを探るのに適した占術

該当する占術はいくつかありますが、その中の四柱推命は習得するのが難しく時間がかかりますが、的中率はかなり高いと言われています。生まれた年月日時から運勢を判断する占いで、年柱・月柱・日柱・時柱で四柱。中国の陰陽五行説がベース。人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解し、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いです。

移り変わる事柄をみる「卜(ぼく)」

  • 該当する占術…タロット、易、ルーン占い、おみくじ、花占いなど
  • いま現在のことや近い未来の事柄をみるのに適した占術(特に人の気持ち)

占術と聞くとタロットを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。タロットカードを引いて出た結果から占う方法で、カードには小アルカナ(56枚)と大アルカナ(22枚)と呼ばれるものがあり、一枚一枚意味があります。相手の気持ちを知りたい時に向いている占いですね。

様々な要因でいずれ移り変わっていく「相(そう)」

  • 該当する占術…人相、手相、風水、姓名判断など
  • 開運のための行動や物事を占うには適した占術

主に対面占いで使われることが多く、最もポピュラーな手相占いは手のひらに入っている線や肉づきを見て性格や運命を占います。手のひらの線は変わっていくとも言われているので、定期的に占ってもらうといいかもしれません。

どんなことでもみれる特殊能力「霊(れい)」

  • 該当する占術…霊感、透視、オーラ鑑定、ヒーリングなど
  • 自分の知らない部分・気付かない部分や、人の気持ちを占うのに適した占術

霊感や透視は修行等で得る能力が必要な占術で、生年月日などの詳しい情報がなくても鑑定が可能なので、詳しくない相手を占うこともできます。人の気持ちを知るには「霊」の占術を使うのが最も適していると言えるので、恋愛面の相手の気持ちを知るにはピッタリでしょう。

占い師という仕事

占い師って?

占い師募集の記事を読んで占い師という職業に興味を持った方や、もともと占いは趣味の範囲内でしていたけれど仕事にしたいと思った方もいるのではないでしょうか。
占い師の仕事は「相談者の悩みを聞き、解決へと導く」「過去や未来を透視する」「運勢や開運を見る」などさまざまです。これを聞くと、自分は特別な能力を持っているわけでもないし、そういう家系で育ったわけでもないからできないのでは…と心配になる方もいるでしょう。その心配をする必要はありません!
占い師になるには特別な能力や資格・免許を持っていなければならないということはありません。つまり「私は占い師です。」と言ってしまえば誰でも占い師になれてしまうというわけです。(当たるか当たらないかは置いておいて。笑)とはいえ、タロットや手相などの認定試験は存在しています。
しかし、名乗ったところで実力が伴っていないと活躍の場が広がるわけがないですし、お客様もつきませんよね。これができるからプロの占い師だ!という明確な基準はありませんが、自分がプロとして開業できる、人からお金を取ってもいいレベルだと思えばプロだと名乗ることができます。プロといえる実力を持っても現状に満足するのではなく、常に向上心を持って活動することも大切です。

何を求められて、何をすべきか

これまで占いに求められるものは未来の透視だったり、恋愛運や仕事運を視てもらうことが多かったように思います。しかし、最近では悩みの相談相手として占い師を選ぶ方が多いようです。
占い師に相談をしてくる方のほとんどが「不安」を抱えて「安心」を求めていると考えられます。恋愛、仕事、人間関係…それぞれ抱える悩みは違いますよね。身近な人に相談できる場合もあれば、できない場合もある。そういった時に頼られるのが「占い師」なのではないでしょうか。
占い師は話を聞くプロとも言えます。相談者様は心の不安をなくしたい、後ろ向きな気持ちをどうにか前向きな気持ちに変えたい、そんな期待を胸に鑑定をお願いするのです。占い師は相談者の悩みを聞き、気持ちを汲み取り、悩み解決への糸口を見つけるべきなのです。利用者の納得のいく返答が出来ること、結果が悪くても満足いくアドバイスができることなど、占い師に求められるのはそういったものなのではないでしょうか。
そこで重要なのが、的確なアドバイスをすること。「これは○○ということだから△△をすれば××になるよ。」というように占いを元にアドバイスをするといいですね。

対面占いと電話占いの違い

2017年12月20日

ウィルでは対面占いと電話占いのどちらも展開されており、どちらも人気を衰えることを知りません。占いは実際に体験してみないとわからないことが多いですが、対面式を選ぶべきか電話を選ぶべきか悩みますよね。
ここでは対面占いと電話占いの特徴やメリットを詳しく紹介していきたいと思います。

対面占いの特徴

対面占いというのは、利用者が直接希望する鑑定師の元へ出向き相談をする方法です。デパートの一角や占いの館など、対面占いができるお店は各地に点在していますが、主に首都圏や地方の主要都市に多く見られます。
予約なしで行っても鑑定を受けることができますが、希望する鑑定師がいる場合は早めに予約を取っておくことをおすすめします。人気の鑑定師だとスケジュールが埋まっていて急な鑑定に対応できないということもありますからね。
料金システムについてはそのお店にもよりますが、ほとんどが「○分○円」といった時間制となっているようです。自分の相談内容は時間がかかるか、じっくり鑑定を受けたいかなど自分の希望を整理してから予約するといいですね。

対面占いのメリット

それはもちろん鑑定師の方の顔を直接見て相談ができるという点でしょう。言葉でうまく表現できなくても表情や雰囲気、話し方など多くの情報量が鑑定師に伝わり、正確な鑑定やアドバイスが受けられます。また、直接目を見て話すことで利用者が安心感を得やすくなり、鑑定師との間に信頼関係を築きやすくなる点も魅力です。顔を見ながら心がほっと安らぐ言葉やアドバイスを直接もらえるのは、対面占いならではのメリットでしょう。
さらに、鑑定をする際の様子を実際に見ることができるので、鑑定師の表情やしぐさを確認し、信頼の置けるキャリアはあるのかなど力量を推し量ることができるという利点もあります。

電話占いの特徴

電話占いの最大の特徴は場所を選ばずどこからでも気軽に鑑定が受けられるということ。電話越しで相談ができるため直接お店に出向く必要がなく、鑑定師と直接顔を合わせて相談するのが恥ずかしいという人などにも高い人気を得ています。電話占いの料金システムはお店によりさまざまですが、基本的には1分ごとに料金が発生するケースが多く見られます。ただし注意しておきたいのが、鑑定料金以外に電話の通話料がかかるという点。電話占いは時間制限が設けられていないことがほとんどで、利用者が納得できるまで鑑定を受けられることも珍しくありません。鑑定師との相性が良いとついつい会話が弾んでしまい通話時間が長くなってしまうこともあり、電話料金の請求がきてから「通話料がかかることを知らなかった」ということにならないためにも、事前に把握しておくことが大切です。

電話占いのメリット

お店に行く手間や時間がかからないですし、自分が落ち着ける環境で周りの目を気にせず相談ができるので人間関係や家族関係などの込み入った相談しにくい内容もスムーズに相談することができます。鑑定師の顔を見てだとなかなかうまく相談できない…という方でも安心ですね。人に直接相談をすることが苦手だという人や、自分の都合の良い時間に鑑定を受けたいという人にとって電話占いはメリットの多い方法だといえるでしょう。