なりたい人、なっている人

2017年12月31日

占いや、占い師に出会うきっかけって人それぞれですよね。
ここでは占い師になりたいと思った人、もう既に占い師として活動している人のきっかけに関する口コミを集めて紹介したいと思います。

占い師になりたい人

母の占い好きがきっかけでした

もともと私の母がかなりの占い好きで、幼い頃から占いは身近な存在でしたね。だからなのか、タロットや手相占いは自然とできるようになっていてよく家族や友人を占っていたものです。友人の恋愛について占った時にそれが見事に的中して、かなり感謝されたのがとても印象的でしたし心がほっこりしました。そこから占い師として活動したいと思い始めましたね。今はまだ趣味程度なんですが、近々占い会社に応募してみようかなと考えています。

背中を押されたんです

よく友人と鑑定を受けにお店に足を運んだり、電話をかけたりしていました。いつも恋愛関係のことばかり相談していたので、仕事について聞いてみようと思ったんです。この仕事は長く続けられますか?といったよくある相談だったのですが、占い師さんからは「あなたは人の話を聞くのが上手いから占い師に向いている。」と言われて驚きました。それを聞いて自分も友人も納得ができたので占い師になるために勉強中です。

占い師として活動している人

気づいた時には

小学生の時でしょうか。「あ、自分は周りと少し違うんだ。」と気づいてからはずっと占い師になるのが夢でした。特別な家系で生まれたわけではないのですが…不思議ですね。成人してすぐに占い師になりました。占い師として活動し始めてからは自分の力を存分に発揮できている気がしてとても楽しいです。人の話を聞くのも好きなので占い師は天職とも言えますし、もしかしたら生まれた時からこうなる運命だったのかもしれません。ずっと占い師として活動していきたいですね。

生活を安定させたい

私は主婦なので占いは趣味程度に楽しんでいました。でも旦那の収入が不安定になり、自分も何かできないか、占いを仕事にして生活を安定させたらいいのではと考えてからは行動に移すのが早かったですね。個人で活動するよりも占い会社に所属すればスケジュールも自分好みにできますし、収入面も安心できると思ったので占い師を募集している会社にすぐに応募しました。今は主婦として過ごしつつ副業という感覚で占い師をしています。通常のパートなどに比べて収入は良い方ですし、旦那の収入も落ち着いてきたので生活の安定もバッチリです。